遺産相続のお手続きの流れ

遺産相続には、さまざまなお手続きが必要になります。一般的に、遺産相続は以下のとおり行われます。

 

STEP1

被相続人の遺産の洗い出し

被相続人の財産や負債を調べて明らかにする。

STEP2

戸籍謄本や遺産相続に関する資料の収集

被相続人の出生から死亡に至るまでの戸籍謄本や相続人の戸籍謄本、住民票、印鑑証明書、登記簿謄本、固定資産評価証明書などの資料を集める。

STEP3

財産目録の作成

STEP1で調査した財産・負債について、財産目録を作成する。

STEP4

遺産分割協議をおこなう

被相続人の遺産について、誰が何を相続するのか話し合いをしたうえで、遺産分割協議書を作成する。

STEP5

実際に名義変更や引き渡しの手続きをおこなう

遺産分割協議書にもとづき、預貯金や不動産、その他の財産について、名義変更手続きや引き渡しをおこなう。

上記ように、相続人にとっては時間的にも精神的にも負担になる手続きとなります。

特に、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を集めるには、直近の戸籍から順番に追いかける作業が必要であり、戸籍謄本に不慣れな方にとっては途中で頓挫することもよく聞きます。

当事務所では、遺産相続手続きのご相談もお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

▲このページのトップに戻る