戸籍の種類

ここでは、戸籍の種類について解説しています。

  • 戸籍謄本(戸籍全部事項証明)
  • 除籍謄本(除籍全部事項証明)
  • 改製原戸籍謄本
  • 戸籍の附票
     
    戸籍は夫婦と氏を同じくする子どもを単位として編成されています。
    戸籍に記載されている人が死亡したり、結婚したりすると、名前が消除されます。そして、戸籍に記載されている全員が消除されたり本籍地が移されると、その戸籍は除籍に変わります。
    原戸籍とは、法改正により新基準の戸籍に作り替えられたものを指します。役所では「はらこせき」と言えばわかります。
    戸籍の附票とは、住民票の異動の履歴が記載されています。本籍地から相続人の住所を調査するために取得することがあります。
▲このページのトップに戻る