戸籍についてのQ&A

戸籍にはどんなことが記載してあるの?

 
戸籍の記載事項は法律で定められています。 氏名・本籍地・出生年月日・戸籍に入った原因及び年月日・実父母の氏名及び実父母との続柄・養子であるときは、養親の氏名及び養親との続柄・夫婦については、夫又は妻である旨・他の戸籍から入った者については、その戸籍の表示・その他法務省令で定める事項が記載されています。

謄本と抄本はどう違うの?

 
謄本は戸籍内の全事項が記載されており、抄本は戸籍内の特定の人が記載されています。

戸籍の附票には何が記載されているの?

 
住所の移り変わりが確認できます。 戸籍には住所が記載されているわけではありません。そこで、戸籍に記載されている人の現住所を確認できるよう戸籍の附票が作られています。

本籍地が合併等の理由により、存在しないときはどうしたらいいの?

 
合併後の市町村に請求します。 市町村の統廃合により、合併されていた場合は、合併後の市町村へ請求すれば戸籍を調査してもらえます。
▲このページのトップに戻る